無料で建築会社に間取り提案をしてもらう方法
プロフィール

マラソン大会で学年100位以下だった私が千葉県2位になれた理由

マラソン大会で学年100位以下だった私が千葉県2位になれた理由
あっくん
あっくん
この記事では小学校のマラソン大会で学年100位以下だった私が、高校の長距離種目で千葉県2位になれた理由を自分なりに分析しています

プロフィールにも記載していますが、私は高校時代に陸上競技の長距離種目『3,000mSC』という競技で千葉県2位になった実績を持っています。

管理人&ブログプロフィール 初めまして! 年子&双子パパの雑記ブログ『ぱぱいっく』管理人のあっくん(@AKKN_110)と申します。 このブログ...
あっくん
あっくん
ちなみに当時の1位選手はその後東京マラソンを優勝し、TBSドラマ『陸王』に実名で登場したケニア人留学生なので、日本人では千葉県1位でした。

こう書くと

「昔から足が速かったんでしょ」

「才能があったんでしょ」

と言われるのですが、全くそんなことはありません。

小学校のマラソン大会では学年200人いる中の100位以下、才能なんてかけらもありませんでした。

今回はそんな私がなぜ千葉県2位という実績を出せたのか、当時を振り返りながら分析したいと思います。

競技との相性が良かった

サブ4
あっくん
あっくん
センスという言葉は嫌いですが、相性は良かったと思います。

かけっこはいつもビリ。

野球をやらせればろくにフライも取れない。

小学校6年間続けたサッカークラブでは12人チーム唯一の補欠。

自分で言っていて悲しいですが、運動神経のかけらもありませんでした。

 

そんな私が唯一出来たスポーツが『長い距離を走ること』でした。

 

マラソン大会でも長い距離を走るようになる高学年になるにつれ、順位はどんどん上がりました。

運動神経は無くても長い距離を走ることとは相性が良かったのかもしれません。

競技人口の少ない種目を狙った

フルマラソンを完走する方法

私が千葉県2位になった3,000mSCは、長距離種目の中でもあまり競技人口の多くない種目でした。

 

中学高校の長距離種目の花形は3,000mや5,000mです。

千葉県内だけでも多くの競技人口がいて競合がひしめき合っています。

 

それと比べると3,000mSCという種目は競技人口がそこまで多くありません。

5,000mと比較すると競技人口は半分以下だと思います。

5,000mでは勝負できないと感じたので、少しでも可能性を上げるために3,000mSCという種目を選択しました。

5,000mだったら県大会はおろか地域予選も勝ち上がれなかったと思います。

競技についての勉強をした

勉強をした

速く走れるようになるため、いろんな媒体から情報を吸収しました。

当時はインターネットがまだ発達していなかったので、

  • 書籍
  • 雑誌
  • テレビ

などを参考にしていました。

あっくん
あっくん
ファストフードが走るのに悪影響を与えると読んでから、中高6年間は1度もファストフードを食べない徹底ぶりでした

いろいろな所から情報を集めると、練習に取り組むときの意識が変わります。

「いま何を鍛えているのか?」を知ることで練習効率が高まりました。

日々にしたら小さなことですが、ここが積み重なったことで大きな成果につながったと思います。

悔しい体験をした

悔しい思いをした

小学生の頃は毎年マラソン大会がありました。

小学校3年生だった時は当日が誕生日だったので、当時の担任の先生に

「僕は良い成績を残せる!」と豪語していました。

あっくん
あっくん
誕生日だからいい成績を残せるとか今考えるとかわいらしい発想ですよね♪

 

しかし結果は学年113位/200位。

さんざん周りに良い成績を残すと言いながら、学年の半分より下でした。

そんな私に、先生はクラス全員の前で

先生
先生
このクラスのマラソン大会の成績は何だ!

○○(あっくんの本名)なんていい成績を残すと言っておきながら100位にもなっていないじゃないか!

と激昂して叱りました\(◎o◎)/!

 

いまだから笑って話せますが、当時はとにかく悔しかったです。

家に帰ってから母親に泣きながら伝えたことを覚えています。

 

ですが、いま振り返るとこの経験があったから次のマラソン大会以降は順位を気にするようになりました。

順位が一つでも上がる様に一生懸命練習しました。

 

悔しい体験をするとそこで逃げてしまうこともありますが、その悔しさを乗り越えると人間は成長します。

私はこの悔しい体験があって、走ることへの執着心が芽生えました。

成功体験を積み上げた

成功体験を積み上げた

成功体験を積み上げたことも大きな要因だと思います。

成功体験と言ってもそんな大げさなものではありません。

  • 前日より少し長く走れた
  • 前回の大会より少しいいタイムが出た
  • 今まで勝てなかった相手に勝てた

その程度ですが、コツコツ積み上げることで大きな実績に繋がったと思います。

 

やはり実績が出るとやっていることに自信がついてきます。

長距離種目はモチベーションも成績に大きく影響する要素なので、自信を持って臨めることでさらにいい成績が残せるようになり、好循環が生まれます。

 

成功体験を積み上げ、自信を持つことで千葉県2位という結果に繋がりました。

さいごに

フルマラソンを完走する準備

スポーツを行う上でどうしても才能が影響する部分はあります。

ですが才能以外の部分で自分の能力を伸ばす方法は色々とあります。

 

「自分には運動神経が無いから。。。」

と諦めないで、自分に合うスポーツを探してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
あっくん
あっくん
【後悔しない家づくり】を中心テーマに30代の等身大の日常を発信しているブロガー。2007年住宅メーカー入社→2017年自宅購入。住宅メーカー勤務と自身の自宅購入の経験から家づくりのアドバイスを実践。年子と双子の育児に忙殺される34歳。