無料で自分だけの家づくりプランを手に入れる方法
注文住宅

実際に建ててみて感じたリビング階段のメリットとデメリット

実際に建ててみて感じたリビング階段のメリットとデメリット

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱいっく管理人のあっくん(@AKKN_110)です。

今回は新築戸建て住宅の間取りを考えているあなたにお届けします。

 

間取りを考える際に、リビング階段を採用しようかどうか悩まれる方は意外と多いと思います。

この記事にたどり着いたあなたもそんな一人ではないでしょうか?

 

私も注文住宅で新築戸建てを建てましたが、悩んだ結果リビング階段を採用しました。

現在入居して1年弱ですが、採用してよかった点とそうでない点の両方があります。

 

今回の記事では、私の体験を基にリビング階段のメリットとデメリットをご紹介します。

住んでみて感じたメリットとデメリットを知っていただき、間取り検討の参考にしてください。

リビング階段のメリット

1階と2階で音が届く

リビング階段のメリットの一つに、1階と2階で音が届くということが挙げられます。

1階2階で何かあった時に、音で気が付くことができるというのが一つ目のメリットです。

 

実は先日、我が家でこんなことがありました。

我が家は、2階にある寝室で家族5人で眠っています。

大人は家事があるため子供たちが先に布団に入り、家事が終わったら大人が寝室に入るのですが、ある晩いつものようにリビングで家事をしていると、大きく咳き込む娘の声が聞こえました。

あまりに苦しそうにむせこんでいるので、気になって寝室へ行ってみると、、、

嘔吐物にまみれた娘の姿が!

どうやら咳き込みすぎて嘔吐してしまったようです。

幸いにも大人が寝るには早い時間だったため、換気や洗濯などの対応ができましたが、眠る直前までそんな娘の姿に気が付けなかったらと思うとゾッとしました。

この時は、リビング階段で良かったと改めて思いました。

家族で顔を合わせる機会が増える

リビング階段のメリットの2つ目に、家族と顔を合わせる機会が増えることが挙げられます。

 

我が家はまだ子供たちが大きくないので、それぞれの個室は用意していません。

ですが、将来的には2階の各部屋を子供部屋として各自に割り与えたいと思っています。

 

ただ、子供部屋を用意したときに心配になってくるのが子供とのコミュニケーションが取れなくなることです。

やはり思春期になると、親と顔を合わせたくないという時期が出てくるかと思います。

もちろん思春期は誰しもが通る道ですが、親の視点としては子供のことはいつでも心配です。

 

リビング階段は子供部屋へ行くのに絶対にリビングを通る必要があるので、少しでも家族のコミュニケーションが取れる機会が増えるかと思い採用しました。

リビング階段のデメリット

冬場は寒い

リビング階段のデメリットとして、冬場の寒さが挙げられます。

やはり多くの方がおっしゃっている通り、リビング階段はリビングが暖まりにくいです。

 

「最近は断熱性・気密性が高い住宅だから、リビング階段でも冬場の寒さは起きない」

という声もあります。

我が家もリビング階段への対策として断熱使用を標準よりワンランク上げて施工してもらいました。

ですが、やはり冬場はリビング階段による部屋の寒さを感じます。

 

リビング階段で寒さを感じないような家にするには、最上位クラスの断熱性能で家を建てる必要があります。

生活音が響く

リビング階段のデメリット2つ目として、生活音が響くことが挙げられます。

メリットの一つとして1階と2階で音が届くことを挙げましたが、これが逆にデメリットになる場合があります。

 

我が家では2階の寝室で家族全員が寝ていますが、朝は会社の準備や朝食の準備があるので基本的に大人のほうが早起きします。

子供にはそのままおとなしく寝ていてほしいのですが、準備をしているとその音を察知して子供が起きてしまうことがあります。

通常の起床時間ならまだいいのですが、たまに早朝に出かける用事があるときにも子供が目覚めてしまうことがあるため、そこが少し悩みの種ではあります。

 

リビング階段を採用する際には防音対策ということも念頭に置いておいたほうがいいかと思います。

においが漂う

リビング階段のデメリットの3つ目として、料理の匂いが漂うことが挙げられます。

特ににおいの強いもの(ニンニク料理など)の時には、2階にいても匂いで気付きます。

 

先日体調を崩して寝込んでいるときも、料理の匂いが2階にまで充満するので余計に体調が悪くなりました。

 

リビング階段を採用するときは匂いも2階に上がってくることを想定しておきましょう。

まとめ

◆リビング階段のメリット

  • 1階と2階で音が届く
  • 家族で顔を合わせる機会が増える

◆リビング階段のデメリット

  • 冬場は寒い
  • 生活音が響く
  • 匂いが漂う

現時点では冬場の寒さを除いてリビング階段のデメリットはあまり感じません。

ですが、将来的に2階を子供部屋にすると生活音やにおいの問題は出てきそうです。

リビング階段を検討される方はメリット・デメリットを両方頭に入れたうえで、採用するかどうかを検討してください。

注文住宅を検討している人へ

家は一生に一度の買い物です。

 

失敗のない、満足のいく家が建てたいですよね?

 

失敗のない家づくりをするためには複数の提案を比較検討するのが非常に重要になります。

複数プランを比較することで自分のこだわりや今まで無かったアイデアが見えてきます。

 

しかし、複数の建築会社からプランを提案してもらうには

  • モデルハウスに行く
  • 打ち合わせをして細かい要望を伝える
  • プランを作成してもらう

と非常に時間と労力がかかります。

 

そこでオススメなのが『タウンライフ家づくり』という資料請求サービスです。

 

タウンライフ家づくりを利用すれば、モデルハウスに行くことなく複数の会社からプラン提案を受けることができます。

提案されたプランを比較検討すれば、時間と労力を最小限に抑えて失敗しない家づくりを進めることができます。

 

詳しくは以下のページにまとめましたので、よろしければ参考にしてください。

『タウンライフ家づくり』って何?無料でプラン提案してもらえるって本当? 注文住宅は一生に一度の買い物です。 金額が金額なので絶対に失敗したくないですよね? そんなあなたにご紹介したいサービ...
ABOUT ME
あっくん
あっくん
【後悔しない家づくり】を中心テーマに30代の等身大の日常を発信しているブロガー。2007年住宅メーカー入社→2017年自宅購入。住宅メーカー勤務と自身の自宅購入の経験から家づくりのアドバイスを実践。年子と双子の育児に忙殺される34歳。