注文住宅の家づくり

注文住宅の資金計画はライフプランから考えるべき!

注文住宅の資金計画はライフプランから考えよう

「資金計画をどうやって立てたらいいかわからない・・・」という方も多いと思います。

インターネット上の情報や書籍を見てみると

  • 返済可能額から試算する
  • 借入希望額から試算する

など、様々な資金計画の立て方が掲載されていますが、選択肢が複数あるとどれが一番いいのか迷ってしまいますよね?

そこで、今回は注文住宅で家づくりをした経験者として、個人的にオススメな資金計画の方法をご紹介します。

私がご紹介する資金計画の方法は、ライフプランから試算する方法です。

この記事では、

  • ライフプランってそもそも何?
  • ライフプランから資金計画を立てると何がいいの?
  • ライフプランから資金計画を立てる方法

をご紹介します。

資金計画の立て方でお悩みの方はぜひご覧ください。

そもそもライフプランって何?

ライフプランとは、自分の人生において

  • いつどのようなことが起こるのか?
  • どのような収入があるのか?
  • どのような支出があるのか?

を明確にすることです。

『人生設計』なんて言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、ライフプランは正に人生設計そのものです。

人生における

  • 出来事
  • お金の流れ

を洗い出すことで、「住宅購入でどれくらいの負担がかかっても人生において問題ないのか?」を明確にします。

ライフプランから考えると何がいいの?

「なぜライフプランから資金計画を考えるのが良いのか?」というと、ライフプランから資金計画を考えると計画に根拠が生まれるからです。

この根拠が住宅購入において非常に重要になります。

住宅購入は誰にとっても高額な買い物です。

多くの人は住宅ローンを組むことになり、何千万円という借金を背負わなければなりません。

当然、住宅ローンのことを考えるときには

  • 「月々いくらくらいの負担なら大丈夫だろう?」
  • 「本当に払えるのかな?」

と不安になります。

そんな時にライフプランから資金計画を考えていると、月々の支払への不安が少なくなります。

人生における収支が根拠としてあるので、自分の支払い能力がはっきりしているからです。

もちろん人生何が起こるかわからないのでそのライフプランが崩れる可能性はありますが、少なくとも住宅ローン締結時点で無理な返済プランで住宅ローンを締結していないという保証にはなります。

実際私も保険屋さんに言われてライフプランを立てるまで、住宅ローンで月々いくらまで支払えるのか明確な答えが無く不安でした。

しかし、ライフプランを立ててからは無理のない負担金額が明確になり、住宅ローンを締結するときの不安は非常に少なくなりました。

残念なことに住宅の営業マンは必ずしも購入者の味方とは限りません。

  • 売ってしまえば終わり
  • 営業ノルマ最優先

という営業マンも多くいます。

そんな営業マンの口車に乗って住宅ローンを締結してしまうのは非常に危険です。

きちんとご自身のライフプランを明確にして、そこから根拠ある資金計画を立てるようにしましょう。

ライフプランはどうやって立てればいい?

ライフプランはFPか契約している保険屋さんに相談しましょう。

個人でもライフプランを立てることは可能ですが、素人がやるとものすごい時間がかかりますし抜け漏れが発生するリスクも高くなります。

餅は餅屋に頼むのが一番です。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
【後悔しない家づくり】を中心テーマに30代の等身大の日常を発信しているブロガー。2007年住宅メーカー入社→2017年自宅購入。住宅メーカー勤務と自身の自宅購入の経験から家づくりのアドバイスを実践。年子と双子の育児に忙殺される34歳。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です