契約後

【注文住宅】地鎮祭って何?絶対やらなきゃいけないの?

地鎮祭の意味

いよいよ工事着工となると行われるのが地鎮祭です。

ただ、家を建てるというのは多くの人にとって初めての経験になると思うので、「地鎮祭って何?」という方も多いと思います。

そこでこの記事では、「地鎮祭とは一体何ぞや?」という疑問にお答えしていきたいと思います。

地鎮祭って何?

地鎮祭は、建築工事を始める前に神様を祭って工事の無事を祈願する儀式です。

日本の神道では万物に神様が宿っていると信じられており、土地にも神様が存在します。

その土地に人間がいきなり建物を建てるのは神様に対して失礼にあたるということで、その土地の神様(氏神)を鎮めて、土地を利用する許しを得るために地鎮祭を行います。

地鎮祭の呼び方は地域によって様々で、

  • 鎮地祭
  • 土祭り
  • 地祭り
  • 地祝い

などと呼ばれる場合もあります。

地鎮祭は絶対やらないとダメ?

建築工事を行う前に地鎮祭をやるのが昔からの習わしですが、最近では「忙しくて地鎮祭に参加できない」等の理由で地鎮祭を行わないケースも増えてきました。

私が実際に家を建てた際には地鎮祭を行いましたが、個人的には地鎮祭はやってもやらなくてもどちらでもいいかと思います。

地鎮祭をやれば必ず工事が無事に終わるとも限りませんし、やらなかったら工事中の事故が必ず起きるというわけでもありません。

あくまで神事なので、気にするかどうかは人それぞれだと思います。

地鎮祭を執り行うとなるとお供え物の準備も必要ですし、それなりのお金もかかります。

コストや手間の観点から「地鎮祭を行わない」という選択肢もありだとは思います。

ただ、地域によっては「地鎮祭を行わないなんて非常識だ!」と言われるような地域もあるので、そういった地域では地鎮祭は行った方が良いかと思います。

ここは地域差があるので、家を建てる地域の習わしに合わせて判断するのが良いでしょう。

さいごに

地鎮祭は工事の無事を祈願するために行われる儀式です。

一般的には工事着工前に地鎮祭を行うのが普通ですが、最近では地鎮祭を行わないというケースも増えてきています。

ただし、地域によっては地鎮祭を行わないのが非常識と認識されることもあるので、地鎮祭をするかどうかは地域の習わしをしっかり把握したうえで判断しましょう。

ABOUT ME
あっくん
あっくん
【後悔しない家づくり】を中心テーマに30代の等身大の日常を発信しているブロガー。2007年住宅メーカー入社→2017年自宅購入。住宅メーカー勤務と自身の自宅購入の経験から家づくりのアドバイスを実践。年子と双子の育児に忙殺される34歳。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です