グルメ

【松屋】320円の牛めしとプレミアム牛めしの違いを食べ比べてみた

【松屋】320円の牛めしとプレミアム牛めしを食べ比べてみた

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱいっく管理人のあっくん(@AKKN_110)です。

 

先日、街を歩いていると松屋で

「牛めし320円」

の看板を発見しました。

 

「松屋って牛めし380円に値上げしたんじゃなかったっけ・・・?」

と思いながら中に入ってみると、、、

本当に320円で牛めしが販売されていました!

 

さらに気になって調べてみると、松屋には普通の牛めしとプレミアム牛めしがあるようです。

そこで今回は、牛めしとプレミアム牛めしの違いと実際に食べ比べてみた感想をご紹介します。

牛めしとプレミアム牛めしの違い

松屋の公式ホームページを見てみると、プレミアム牛めしについては特徴が記載されていました。

  • 熟成チルド牛肉を使用
  • 無添加の丼たれ
  • 国産玉ねぎ100%使用
  • 国産米100%
  • 無添加味噌汁付き
  • 黒胡麻焙煎七味付き
  • セパレート盛り

自然味のプレミアム牛めしはココが違う!7大特徴 | 松屋フーズ

一方の牛めしについてはお肉の産地や部位など、詳しい情報はありませんでした。

ただ、牛めしとプレミアム牛めしには60円の値段の差があるので、肉の部位や製法などがプレミアム牛めしのほうがこだわっていると考えていいようです。

 

ちなみに基本的には普通の牛めしを販売している店舗ではプレミアム牛めしは販売されておらず、逆にプレミアム牛めしを販売している店舗では普通の牛めしは販売されていないようです。

関東ではプレミアム牛めしを販売している店舗が多いようで、普通の牛めしが販売されている店舗はレアだったようです。

牛めしとプレミアム牛めしを食べ比べた感想

我が家の近所には普通の牛めしとプレミアム牛めしを販売している店舗がそれぞれあったので、両店舗に行って食べ比べをしてきました。

牛めし

正直な感想を申し上げると、ごく普通のなんてことない牛丼です。

可もなく不可もなくといったところが正直なところでした。

 

ですが、食べ進めるうちに若干ですが肉の脂のしつこさみたいなものは感じました。

肉は脂が旨味だといわれますが、旨味は感じずただただ口の中に脂が残るような印象を受けました。

 

ただ、320円の牛丼としては全然満足いく味だったと思います。

プレミアム牛めし

一方のプレミアム牛めしはというと、やはり60円の価格差があるだけあって普通の牛めしと比べて肉の旨味や肉々しさのようなものは感じました。

付いてきた黒胡麻焙煎七味も味を引き立てるアクセントになっています。

 

ただ、牛めしとプレミアム牛めしに60円の差があることを考えるとそこまで大きな差があるのかな?とも思いました。

確かにプレミアム牛めしのほうが味は良かったのですが、そこに60円の価値を出すかどうかは好みが分かれそうです。

まとめ

◆牛めしとプレミアム牛めしの違い

〇プレミアム牛めしの特徴

  • 熟成チルド牛肉を使用
  • 無添加の丼たれ
  • 国産玉ねぎ100%使用
  • 国産米100%
  • 無添加味噌汁付き
  • 黒胡麻焙煎七味付き
  • セパレート盛り

〇普通の牛めしについての情報は無し

〇関東ではプレミアム牛めし販売店舗が多い

◆牛めしとプレミアム牛めしを食べ比べた感想

  • 牛めしは脂っこさを感じた
  • 牛めしとプレミアム牛めしを比べるとやはりプレミアム牛めしのほうが旨い
  • 60円の価値があるかどうかは人の好みが分かれるところ

客単価を上げるためにプレミアム牛めし販売店舗が増えているのでしょうが、個人的には普通の牛めしを取り扱っている店舗をもう少し増やしてほしいなと思いました。

その日の気分と懐事情で牛めしとプレミアム牛めしを選べたら最高です。

松屋さん、よろしくお願いします!